熊本県

御船町

御船町産ミネラルウォーター 珈琲貴族 COFFEE KIZOKU 白峰莉花

イラストレーターの珈琲貴族さんが生み出したキャラクター、 白峰莉花さんがラベルに描かれたミネラルウォーター。 採水地は熊本県上益城郡御船町。 周辺は豊かな自然が残る長閑で良い場所だった。 ラベルには事細かに白峰莉花さんの情報が書かれていて、 ファンにはたまらない仕様になっている。 硬度は書かれていないが計算すると88.87。 飲み易く日常使いにおすすめできる。
御船町

ミネラルウォーター 青山澄香 珈琲貴族 COFFEE KIZOKU

イラストレーター 珈琲貴族さんが生み出したオリジナルキャラクター 青山澄香のイラスト入りミネラルウォーター。 採水地は熊本県上益城郡御船町。 周辺は豊かな自然が残る地域で、 深さ150mの井戸から採水された原水を、 非加熱にこだわってボトリングしている。 阿蘇の恵みを一杯に受けた質の高い水である。
嘉島町

SUNTORY サントリー 天然水 阿蘇 嘉島町産ミネラルウォーター

サントリーのミネラルウォーター 天然水シリーズ。 天然水シリーズ現在3種類(南アルプス・奥大山・阿蘇)あり、 6月の下旬には4種類目(北アルプス)が販売開始となる。 こちらで紹介している阿蘇バージョンの採水地は、 熊本県上益城郡嘉島町で、基本的には九州での販売となる。 550mlの大容量ボトルを採用。 クセが無くて飲みやすく、日常使いにもおすすめできる。 手に入れ易いと言う事も良い水の条件である。
御船町

KUMAMON くまモン ミネラルウォーター 御船町産のミネラルウォーター

熊本県のPRマスコットキャラクターであるくまモンの形状ボトルミネラルウォーター。 飲料水と言うよりはキャラクターグッズとして売られているのだろう、 主要成分すら書かれていないのが残念だ。 採水地は熊本県上益城郡御船町。 このような変わり種ボトルでの販売は、 ミネラルウォーターに興味が無い人でも手に取ってもらえるし、 もしかしたら僅かな確率で水に興味を持つ人がいるかもしれないから、 もっともっと色々な製品が出てきてほしいと思っている。
御船町

TOKYO TOWER ミネラルウォーター ウイスキーボトル型 熊本県産

東京タワーが採用したのはウイスキーボトル型(スキットル型)のミネラルウォーター。 最近変わり種ボトルがかなり多くなってきて、珍しいとも思わなくなったが、 色々な工夫で魅せる演出ができるのは良いと思う。 飲み水と言うよりはお土産品としての位置づけなのだろう。 東京以外の人にプレゼントするのはオススメ。
御船町

Airport Limousine エアポートリムジン ミネラルウォーター

羽田や成田空港を利用した事がある人なら、 恐らく見た事があるであろう、 白とオレンジのバスを運営する、 東京空港交通株式会社のオリジナルミネラルウォーターである。 採水地は熊本県上益城郡御船町。 このボトル形状の製品を見た事がある人は多いと思う。 結構前からOEM PB製品に力を入れて来た丸富産業が製造している。
御船町

VOLTERS WATER ヴォルターズウォーター 熊本ヴォルターズ

熊本を拠点とするBリーグに所属するプロバスケットボールチーム熊本ヴォルターズのオリジナルミネラルウォーター。 しっかり熊本県上益城郡御船町産の水を使っているのに好感が持てる。 熊本のチームは熊本の水で応援。 くまモンも応援。 この製品を買うとチームの活動資金の為、一部が寄付される仕組みになっている。
南阿蘇村

熊本阿蘇の湧水 はくすい 南阿蘇村産のミネラルウォーター

この製品の原水は、名水百選に選定されている白川水源。 有名な湧水で、遠方から汲みに来る人も多く、水量・水質も安定している。 九州を代表する水と言っても過言ではないだろう。 その原水を衛生管理の整った工場にて丁寧にボトリングしている。 硬度は85。 滑らかな舌触りでスルスルっと身体に入っていく感じがする。 とても飲み易い。 そのまま飲むのは勿論だが、様々な用途で活躍できるだろう。 熊本の米をこの水で炊くなんて贅沢もおすすめ。
熊本市

熊本 水物語 熊本市産のナチュラルミネラルウォーター

熊本は昔から水質の良い水が出る所で知られていて、 実際にミネラルウォーターの産地も沢山ある。 県も市も良い水をアピールし続けていて、 蛇口からミネラルウォーターと言うフレーズが秀逸。 自治体系の水製品は水道水から塩素を抜いてボトリングしている物も多いが、 この製品はナチュラルミネラルウォーターである。 硬度も僅かに高めではあるがとても飲み易く、 おすすめできる味だと思う。
タイトルとURLをコピーしました