千葉県

酒々井町

酒の井伝説の里しすい 酒々井の水 shisui water

“昔むかし、印旛沼近くの村に 年老いた父親と孝行息子が住んでおった。 親思いの息子は毎日一生懸命働いて 父親に酒を買っていたんじゃ。 ところがある日、どうしても酒を買う金が作れずに、 家に帰ろうとしていた。 その時道端の井戸から何とも良い香りが『ぷうん』としてきた。 それは本物の酒だったんじゃ。 帰って父親に飲ませると 『これはうまい酒だ ありがたいありがたい』と大層喜んだ。 ところがその酒は息子以外の人がくむと ただの水になってしまうんじゃな。 この酒の話が広まり、 村もいつしか『酒々井』と呼ばれるようになったと言う事じゃ。” 酒が出る井戸だから酒々井となるのが少しわからない。 酒井じゃ駄目だったのだろうか? そこら辺に疑問を感じるが、酒々井の由来はそう言う事らしい。
タイトルとURLをコピーしました